種類と方法

二重まぶたを手に入れるための方法としては、さまざまな方法と種類が考えられます。
切らない方法として有名な埋没法や切開法などの方法があり理想に合わせて手術することが可能です。

手軽でナチュラルな仕上がりをお求めの方は、切らない埋没法がおすすめの方法です。
切らない埋没法には、さまざまな種類がありますが基本的には特殊な糸を使って行います。
短時間で終わる施術であり、簡単で手軽に行えますし、値段も他の整形に比べると安価であることから、多くの方々に利用されています。

手順としては、まず最初にまぶたに局所麻酔を行います。局所麻酔が効いてきた所で医療用に開発された特殊な糸を使って、まぶたに糸を埋め込みます。
糸をまぶたに埋め込むことによって、溝を作り出して、二重まぶたにすることができるのです。
糸はまぶたに埋め込むので、眼球を傷つける恐れがありませんし、確実にぱっちりとした二重を作り出すことができるのです。

痛みは最初の麻酔ぐらいで、後は痛みを感じずに処置を受けることができます。
また、麻酔や糸の埋没法には最先端の技術を使っており、手術後の痛みを感じることもありません。
手術後腫れが残ることがありますが、短くて3日長くて7日程度で腫れが完全になくなります。

処置にかかる時間はおおよそ、15分程度で手軽に受けることができます。
美容外科やクリニックによって若干の差異がありますが、保証制度がついており、保証期間中に二重まぶたが消えてしまったという場合には、もう一度処置することが可能です。

これが基本的な埋没法の施術になります。
埋没法には、さらにスピーディーな方法がありより早く、自然な仕上がりを実感していただくことができます。

麻酔跡や腫れも最小限に抑えることができるので、誰にも気づかれることなく二重まぶたを手に入れることができるのです。
より早く、自然な仕上がりを求める方には、スピーディーな埋没法がオススメです。
埋没法に興味のある方は是非とも一度、美容整形外科やクリニックでカウセリングを受けてみてください。